さくらひめ

さくらひめの波長は、一言で表現するなら

 ~深い癒し~

 

それはまるで

 ~あなたは、もうすでに完全である~

 

そう語りかけています。

 

 

 

 

時間をただやり過ごしている…

自分さえ我慢すればうまくまとまるなら、耐えようとしている… 

嫉妬や憎悪で心がいっぱいである…

パートナーや家族、周囲の反応ばかり気にしてしまっている…

心や体が疲れきってしまっている…

日本の神様に興味がある…

そんな方にオススメいたします。

 

 

WHAT’S SAKURAHIME?

 さくらひめは、火山の波動です。

海底火山を含め火山活動が活発で、陸地が流動し躍動していた時代の記憶をもちます。

 

それは人間にとって、分離の時代を迎える以前の光の時代の記憶です。

さくらひめの波動に触れることで、光の時代を生きていた記憶と繋がります。

そして不意に背負ってしまった荷物に気づき、不要になった重い波動を取り除きます。

統合の時代を迎える今は、未来に向かうようでもあり、過去に戻るようでもあるのです。

 

 

 

 

 Ailius自身について。2018年初春にさくらひめの波動に気づきました。

その頃、辛い記憶をふと思い出したことで、(私は、許していない、愛する人を)という心の中の相反する不安定な感情を抱えたままであることに気付き、愕然としていました。それからしばらくすると、イワナガ姫様・トヨタマ姫様の神話にたどり着き、辛い経験をしたであろう姫様は、その時どういうお気持ちだったのか、また神として祀られている今はどういう気持ちでいるのか…を想像するようになり、その想いと共に各地に参拝しはじめました。

いつしかイワナガ姫様・トヨタマ姫様をさくらひめと呼ぶようになりました。

抱えた相反する気持ちと半年以上向き合いました。秋頃には、相手の気持ちを省みていない自分自身に気付き、辛い経験でさえ自分が辿り寄せたものであることを理解しました。それは、他人任せの人生を生きていたことに気付くことに繋がっていきました。気づくことは癒しです。

するとそのパートナーとしての関係だけではなく、長年抱えていた家族の問題など様々なことが同時に癒されていきました。

 

神話に描かれるイワナガ姫様・トヨタマ姫様は、火山の姿、火の要素を顕人化したように思われます。そしてその時代の権力者や有名な人物の物語と重ね合わされ、時代や背景を様々に創られていったのでしょう。

分離の時代を経ていく中、火山、火の要素は悪しきものとしての役割を果たしてきたようです。

それは、神話の中でも火の神の誕生は母を死に至らしめ、父に切り殺されるものとして描かれていることからも伝わってきます。さらにニニギノミコト様が水の要素を持つコノハナノサクヤ姫様を選びとり、火の要素をもつイワナガ姫様を捨てるという物語にも描かれます。その2点に共通することは、分離をしているということです。

新しい時代に入り、その役割も終わり、新しい物語が語られていくのでしょう。

また水は光の役割を果たしています。火山にとって水はなくてはならないものです。マグマの成り立ちには欠かせませんし、火山は水を貯え、河川や温泉を生み出します。その波動をもつさくらひめは、光と闇の統合の象徴ともいえるでしょう。

(さくらひめに関する主な参拝場所・雲見浅間神社・大室山・八王子龍蔵神社・玉前神社・戸隠神社・鹿児島神宮・石體神社・桜島・桜島月読神社)

 

 

 

90分 8800円

 

全体の流れとしては、はじめのお話し・セッション・セッションで起こったことについてのお話し…となります。

時間の目安としては、セッション60分です。

対面では、お話の後、リラックスした状態でベットに横になって頂きます。

遠隔ではSkypeで対応しています。エネルギーワークの特徴として遠隔でも効果に変わりはありません。

 

セッションは、ハイヤーセルフの領域が関与します。

そのため、同じ人に同じエネルギーを用いても毎回起こることは異なります。

リーディングを目的としていませんが、受け取ったメッセージや場面がありましたら、セッション後のお話や後日メールにてお伝えいたします。

難しく感じてしまった方も、さくらひめにピンときたら、どうぞご検討ください。

お問い合わせ・ご予約

lilium@cosmic-drop.com