sakurahime

サクラヒメ ~女神を生きる~

 愛ってなんだろう、幸せとは…という問いかけを、人はどこかの片隅に常に持ち続けているのではないでしょうか。

 

このワークは、日常を歩く力さえ失ってしまった地点から、現時点までの経験で学んだ知恵を基にし、Arganzaカレッジ卒業課題とLILIUM新年を迎えるまでの神々をめぐる旅が繋がったことで誕生しました。

 

 

 

心や体が疲れ切ってしまっている…

パートナーや家族、周囲の反応ばかり気にしてしまっている…

いつしか自分の軸を失って、歩く方向も分からなくなってしまった…

日本の神様に興味がある…

そんな方にオススメいたします☆

 

サクラヒメのワークは、まるで地球からの贈り物。

まず、自然界の精霊集団としてのサンダルフォンが、肉体のひとつひとつの細胞へ語り掛けるように癒していきます。そして、手放す準備の出来た浮びあがった体の痛みを消していきます。その後、同様に焦点は、人間のエネルギー回路としてのチャクラへ。目では見えないエネルギー層の固まりを癒し取り除いでいきます。この時に、助けてくれるのは、サンダルフォンの双子とも言われるメタトロン。肉体レベル、オーラ体の両方からの癒しを終えたところで、全身にたっぷりと栄養補給。このとき、サクラヒメからの(自分自身を生きる=女神を生きる)ためのイニシエーションとも言えるエネルギーがあなたを満たしていきます。

 

サクラヒメとは…

2017年9月から2018年2月までの神々をめぐる旅の中で、出会ったコノハナノサクヤヒメとイワナガヒメを軸とし、セオリツヒメ、トヨタマヒメ、トヨウケヒメ、オトタチバナヒメ、クシナダヒメ、イナダヒメ、ヤマトヒメなど日本の神話の女神たちを感じていく中で繋がった日本の女性たちの系譜に刻まれた女神たちのパワーの総称として名付けました。

 

私が過ごしてきた多くの時間は、愛というものに触れたくて、探し回っていた時間とも言えます。

そう呼べるものを見つけたと思えたのも束の間、それを失いたくないという恐れというエゴのエネルギーにのみ込まれてしまいました。それがインナーチャイルドの叫びとして現象化していることに気づくまで、自分の心と体の叫びを無視し、身を削りながら生きてきました。その暗闇とも呼べるトンネルの中で、これでもか、と話しかけてくれた天使たちの存在に耳を傾けるようになり、自分自身を徹底的に癒そう!と取り組むようになりました。その手段として、ウスイレイキの伝授を受け、少しずつ自分なりに癒しが進んできた中で、当時の自分では到底超えられない壁を感じます。その壁を越えたくて、その2016年春にArganzaカレッジの門を叩きました。その卒業課題で取り組んだワークがこのサクラヒメの基本形となっています。

 

究極の愛は、相手を自由にすること(ガイアナ神謡集より)

 

この言葉は、人間に認められている自由意志という宇宙の法則に通じます。

…ということは、私たちは生まれながらに、大きな愛で見守られているのです。

しかし、宇宙から切り離された社会を生きていると、その自由をを理解できないまま、時間を過ごしていることが大半でしょう。

 

自分自身を徹底的に癒そう!と最初に取り組んだことは、…歩く歩幅を小さくしたこと ^^)

そんな些細なことが、すこしの余裕を生み出し、自由である自分を見つけ出すことに繋がったことを懐かしく思い出しました。

 

サクラ、桜というのは、日本人にとって特別な存在です。サクラヒメという名前が自然に浮かんでいたのもそうですが、最後に流れ込んでくる女神たちのエネルギーが日本の春を思わせる、ピンク、白、ウグイス色であることも特徴です。

また、神話の中に様々な名前や登場する地域にかかわらず、愛の女神は、眠っている様子が突然めざましい勢いで芽吹き始める春の季節、すなわち花咲く自然と結びつけられている(コルベット・聖性)の一文を連想させる名前であることも、自分の書いた卒業課題を読み返し嬉しく思いました。

日本の女性たちへ送るLILIUMオリジナルワークです。(2018/2/22記)

 

 

 

 

 

 

 

SAKURAHIME 女神を生きる  90分 13000円

 

ワーク60分、前後のお話し30分が目安となります。

対面では、ワーク中は、リラックスした状態でベットに横になって頂きます。

遠隔はスカイプで対応しています。

 

どうぞよろしくお願いいたします。