サンダルフォンのワークは2種類あります。

 ニュートリション  とにかく癒されたいひとにおすすめ☆

  トリニティ・ワークアウト

Sandalphon Nutrition

サンダルフォン・ニュートリション

 サンダルフォンは大天使の一人であり、メタトロンの双子の兄弟と言われています。オラクルカードに慣れ親しんだ私にとっては、優しい音色と共にあるような軽やかなふんわりとしたエネルギーで、神と人の間にあり、人々に寄り添い、包み込んでくれるような存在であると印象でした。

2016Argazaヒーラーズカレッジの中で、サンダルフォンと一緒に課題に取り組んだ際には、当時浮かび上がっていた痛みを幻想的な夜の色のような淡いブルーやピンク、オレンジの光線として現れ、肉体と精神面の両側から癒してくれ、本来と魂の望みに触れるということをサポートしてもらいました。

 

 このワークはArganzaオリジナルワークです。その解釈に基づきセッションをさせていただきます。

 地球に何らかの目的や使命をもって降り立った魂たち。この時代では二極性を経験し、物質世界を体験しています。それは大きな視点で捉えると次元降下した歴史を持つということ。その過程で根深く刻まれたネガティブパターンやトラウマである「宇宙的トラウマ」をこのワークでは癒していきます。それはすべての人に共通しているともいえます。この宇宙的トラウマがオーラに深く刻みこまれ、それをプリントする形で今世のインナーチャイルドに影響を与えている場合にも有効です。

無条件でひたすら優しく深い愛のエネルギーをお届けします。

 (サンダルフォンのエネルギーを全身に燃え広がるイメージでヒーリングを行うため、受け手はサンダルフォンのエネルギーを受け入れる回路が出来ます。そのため、セッションを体験していただいた段階で、セルフヒーリングを行う準備が整います。)

 

 

Trinity Workout

トリニティ・ワークアウト

 現代の私たちは2元性、物質世界という一番重い時代を生きています。以前の私は日常でエネルギーセンターである、チャクラを意識して生活することは皆無でした。また現代人は、人間本来の機能を十分に使用できていないことを知った時はショックでした。

 実際にこのセッションをArganzaで受けたときは、ジェネシスのプラクティショナーコースを受講した2週間後で、一種のショックを受けたせいか、静寂に包まれていました。どういう理由でそうなってしまっていたのかを知ったのが、このトリニティでした。宇宙人に近づいた(そういう表現でした)脳とセイクラルで出来上がった新たな桃色のエネルギーの両方を、ハートが受信することを拒否していたのです。ワーク終了後は、その回路が通りシステムがバージョンアップしたように、現実も動き出しました。

 

 

このワークはArganzaオリジナルワークです。ぜひ、リンクもご確認ください。

※準備中