LILUM 旅の記憶

  過去の記事はサイトマップより飛べます。

  

調布②虎狛

 わたしは8月7日再び、調布の地に居ました。

双龍に例えた二つのエネルギーがふ化した卵の体験をした翌日、もうひとつの動きが始まりました。

粉塵を吸い込んで身動きが取れなくなったような、又は生き埋めになったような、苦しんでいる存在を感じ始めたのです。その夜その存在を想いながら、KANASANAのエネルギーを浴びて両肩、額、鼻の奥に吸い込んだ黒っぽいエネルギーを取り除いていました。だいぶ呼吸も楽になってきたころ、その存在の本来の姿であろう白銀の毛色を感じることが出来ました。

そういえばKANASANAの作業中に先日橋から眺めた川のビジョンが脳裏によぎったような気がした・・・。もしかしてこの白銀の毛をもつ主はこの川の主なのかもしれない・・と思いました。

 

朝になり調布、白龍というキーワードで検索してみると、虎狛神社が浮かび上がりました。映画千と千尋の神隠しのハクを想像するヒントになった場所だとかそうでないとか。。確かにここは野川という川の傍です。

自分の体験からも野川を眺めながら歩いてこの地に行くことに決めました。目的地の近くまでは車で向かいました。渋滞していて車の窓から空をふと眺めると大きな十字が見えるように感じました。

さらに1週間前にいった青渭神社について。【渭】の字は中国の川を現していることから、昔は青い水を称えた大きな川がこの地に存在したのでしょう。そう想像しながら野川を眺めていました。多摩川とくっついていたのかな、と地図を片手に考えたりもしていました。

神社は道路沿いにひっそりと建っていて、すぐには分かりにくかったです。

また暑い日でしたので水とお酒をお供えし手を合わせました。(無人の神社でしたのでお供えは持ち帰りました)

手を合わせるとお腹や胸のあたりでぎゅるぎゅるとエネルギーが動いているのを感じました。それに手を合わせているときにスマホから(目的地に着きました。)音声案内が流れたときは、面白いメッセージだなと思わず笑ってしまいました。

 

 

写真は、あの夜にみた川の主の白銀の毛色が美しかったな~と思ったときに見つけた白鷺さんです。

 

それから3日間心臓辺りがチクチクと痛みました。この痛みはどこかに行った時にも経験したことがあるような。この3日間は自分で痛みを取り除こうとワークを試みるも全然だめでした。

当たり前だけど忘れてしまいがち、すべては高次元のタイミングなのですよね。そうでした、ごめんなさいと自分で何とかするのは止めようと手放しし、眠りにつきました。

 

翌朝目を覚まし時計を見ると(4時44分)。444という数字が目に飛び込んできました。その時が来たと、座っていると、ワークが始まりました。(野川の主と感じた白銀の毛色をもつ存在を私はコハクと呼んでいます。)

 

【みぞおちに鋭い痛みが続く。苦しい。みぞおちから逆流してコハクが口を開けて何かを少しずつ吐き出していく。少しずつ痛みが楽になってきた。気づくと頭上にエネルギーの玉。一見、きれいな光に見えるが違うんだ。またあの人を思い出す。鹿児島、青森と続く対立関係。そのエネルギーの玉に天に還ってもらうように意図した。するとコハク自身のエメラルドグリーンのエネルギーが解放された。
さらにこの土地全体から大きな十字の光があふれ出した。キリストだと思った。さくらひめややよいひめのような女神のエネルギーではない、男性的なキリストのエネルギーが解放された。】

 

 

 

少しずつ秋の気配を感じています。残暑厳しいですがお体に気を付けてください。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

感謝を込めて。

 

 

Ailius

 

 

 

 

 

 

 

調布ZINDAI

 8/1日猛暑。出かけてまいりました。

青森編と三ツ石までのブログをいつにないハイペースでupしたのは、(調布)という次に訪れる場所のメッセージを受け取っていたからです。

向かったのは布多天神社、深大寺そして青渭神社です。

ここは神代植物公園の近くなんですね。この植物公園には2回行ったことがあったのに有名な深大寺があるのは全然知らなかったです。

一番気になったのは深沙堂。深沙大王が祀られています。神代・・深大・・じんだい・・

深沙大王の名が由来なんだろうと感じました。この深大寺周辺は歩いていると水の音が心地よく聞こえてきて水の要素の土地なのがよく分かりました。

布多天神社は想像以上に立派な神社で参拝の方が多くいらっしゃっていました。戌の日、安産祈願が大きく謳われていました。また深大寺の近くに位置する青渭神社はひっそりと静かにたたずんでいて好みの素敵な場所でした。ここではお宮参りをされている方がいらっしゃって、戌の日に、お宮参りか~、めでたいな~と思って静かに手を合わせてました。

お昼くらいにすべての参拝を終えてかなり日差しも強かったのですが、神代植物公園にも立ち寄ってみました。とても癒される公園で精霊の住む場所なのだと感じました。もうちょっと涼しくなったらゆっくりと行きたいです。皆様にもおすすめの公園です。

 

 

調布というメッセージが来ての参拝であったので毎日ゆっくりと瞑想する時間を少しずつ設けて過ごしていました。深大寺周辺の小高い山や緑を想うと(双龍)が思い起こされました。

そして昨夜は深沙大王様と思われる緑色の炎のエネルギーを感じました。それは誰かを大切に愛おしく想うという気持ちの大切さ、尊さを伝えてくれるものでした。その緑の炎に触れ静かに目頭に涙が浮かびました。

 

そして、今朝ワークが始まりました。

【左側の卵巣付近から頭上へ向けて雲のように立ち昇り始めた帯状のエネルギー。生まれた。これは出産だ。

真鶴三ツ石、龍神社から解放された白龍、黒龍から授かった卵だ。まずは明るいピンク色のエネルギーが産まれ、次に明るいオレンジ色のエネルギーが産まれた。立ち昇る2つのエネルギーはまるで龍の姿のようだ】

 

 

ああ、何ということでしょう。前回ブログで触れたあの卵がかえったようなのです。。。

確かに思い返すとメッセージがいっぱいの数日間でした。

お料理に使うために割った卵は2つの黄身だったし、神社へお参りした日は安産祈願やお宮参りが目に飛び込んできたし、近所の猫ちゃんが2匹の子供を産んだのに気づいたし…、ツインソウルのメッセージも来ていたんだ。

 

自分でもほんとびっくりな体験です。

 

そして思い返せばもう一つ。当日の朝に向かうことに決めた青渭神社。ここでまず目を奪われたのは写真にある双龍なのでした。

 

 

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

Ailius

 

 

 

 

 

 

 

 

三ツ石再び&・・・

 私は基本的にひとりで旅に出てひとりでワークをしていますが、その時々で気になるブログを書いている方をチェックしていると、時を前後して同じ場所に出向いていることが多々あることに気付きました。それぞれひとりで動いている方、グループの方、何も発信しない方、私が見つけていない方がいると思うのですが、その場所に行こうと行動すること、同じ場所に行って気づくこともそれぞれなのですが、面白い繋がりだな~と思います。

またこの青森シリーズを書いている期間、それぞれが同じ警鐘を鳴らしていました。そして突如現れた台風、昨夜の地震。神々が私たちを守ってくださり、また神々と共に生きていることを改めて実感した数日でした。

 

 青森の旅から半月が過ぎ7月、再び(真鶴)というメッセージが来たので行ってまいりました。

真鶴半島は15~22万年前の連続的な噴火で流れた溶岩が固まって出来た半島なのだそうです。火の要素の場所なんですね。目的地は三ツ石。車を走らせます。途中寄ろうと思っていた貴船神社の前で真っ白な羽が降ってきました。強風が吹く中長い階段をのぼって私一人だけの参拝となりました。三ツ石に行ってきます、とご報告しました。駐車場を出ようとしたとき入れ違いでもう一台の車が入ってきました。そのナンバープレートが青森旅行でレンタルした車と同じだったことに、見えない存在の後押しを感じました。まるで青森旅行の続きが始まったかのようでした。

 

 

 その2日後夜中に小さな地震が起きました。そのさらに2日後、その小さな地震を想ってワークをすると

【真鶴三ツ石から黒龍が、貴船の龍神社から白龍がそれぞれ解放されました。二つはツインソウル。そして大きな丸い卵のビジョンが浮かびました。】

 

こんな体験は初めてでした。

 

そしてLILIUMの旅の仕上げのように私が今まで気づかなかったレベルのことが1週間で次々と起こりました。

【京都松尾大社2018/12 巨大な円盤】

【雲見浅間神社2018/1 モスラ、巨大な蝶のような存在】

【安房神社2018/11 セイレーン】

【錦江諏訪神社2019/4 体の大きな4人の門番

がそれぞれ天へ向かって還っていきました。それが私にはどこなのか分かりませんが、それぞれ役目を終えてあるべきところへ還って行くのだと思います。

安房神社に関しては、その時立ち寄った沖ノ島がワークの対象になったのですが、何か宿題はもらったという感覚があったのです。(すっかり忘れていたけど…(>_<))

今回の岩木山神社のセイレーンと同じような存在で、豊雲神(ツインソウル)が誘導して天に還って行きました。

雲見浅間神社に関しては私自身を見つめなおす旅の軸となった場所であり、約半年かけてワークに携わった場所です。その時もイワナガヒメと感じた存在が最後は天に還っていったのですが、もしかしたら今回セイレーンと呼んでいる存在を同じなのかもしれません。

 

 

 

鹿児島、青森の旅で以前はもっと時間がかかっていた課題がかなり短い時間で動いていくことを実感しています。

なので、ブログの書き方を変えていこうかと考えています。

 

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

 

Ailius

 

 

 

 

 

 

三内丸遺跡、30分くらいしかいられなかったのですが、本当にタイムスリップしたような時間でした。なぜか泣き出しそうになったり、

なのにとても興奮して、ここにも居たことがあるのかも…と思いました。

青森から帰ってきて久しぶりの手にした(ニギハヤヒ)の本。

少し調べたら青森とニギハヤヒは密接な関係があるようですね。

アラハバキ…も初めて触れて。

 

余談でした。

 

 

 


やよいひめを辿って 青森④

 ウトウの弁財天宮のワークを終えてから2日目。

体が重く、まだまだ何かがあるようだと感じ始めました。

体の重さと頸部に強い違和感を覚えたのでKANASANAのワークをしました。体験からそれは堕天使と呼ばれる存在に有効だからです。首に鎖、十字架をかけられたように腕も自由が利かないような何かが訴えてきていることが分かりました。

その日の夜はKANASANAのエネルギーを流したまま早々に眠りについてしました。

(早朝起きてびっくり、東北地方、山形県沖で地震があったようでした)

 

起床時には、首の鎖、十字架の枷から外れていました。ウトウのワークの時のようにティアラ(天と繋がれないような装置?)もあったのですが、それも外れていました。

その存在から白い光を感じるようになりまるで白鳥のようだと思いました。去年から気になっていた鶴というキーワードとも重なりました。

それから4、5日ほどワークを少しずつ繰り返していきました。そして面白いことにワークを開始すると同時にある現象が起こるのです。1回目は全く気にしなかったのですが、2回、3回と繰り返すとなるとこれはハッキリとしたサインであると認めざるを得なくなりました。でもその現象がどういったことを示すものなのか見当もつかず、頭の中は???・・・

 

 

ある瞬間ふとサインの示す単語に気付きました。

(セイレーン)という女神の名前です。少し調べていると半身鳥であったり魚であったり、伝えられる神話が少し怖いものだったり。。

そしてある日覚悟を決め、セイレーンに語り掛けるようにワークを開始しました。

 

【拘束から解かれた体に何度も光が入っていく。左手には術がかけられているようだった。時間をかけてそれをほぐしていく。首にも何重にも。しばらくするとハートにも光が入る。心臓が動き出した。場所は… 岩木山神社の稲荷神社、そこから高照神社まで歩ける道から見た岩木山が浮かぶ。あ、そこで(丸に十字)という旅の前から受け取っていたサインを見つけたんだ。そこにセイレーンがいるというサインだったのかも。

しばらく時間が過ぎるとようやく術がかけられていたようであった腕が解放された。

すると岩木山周辺を覆うような大きな女神様が解放された。マリアと響いた。地母神。これが(やよいひめ)だ。イチゴ色、あかね色、蜜色が大きく広がった。】

 

 

 

翌日夕方、空に浮かぶ真っ黒な雲に目が釘付けになりました。まるで話しかけられているかのようでした。黒いのにキラキラみえてとっても不思議…。

その夜岩木山神社について伝承を調べていて見つけたのは、田光沼の黒龍伝説。もしかしたら夕方にみた黒い雲は黒龍さん!!かもしれないと想像しました。

なぜならこの伝説は(娘が黒龍と田光沼で仲良く暮らした)というものであり、さらに岩木山の伝説には(この土地をおさめた大己貴命=顕國魂神は、田光の竜女が献上した玉を岩木山に祀りさらに夫婦となった)とあるからです。ということは黒龍さんと暮らしていた娘は、後にこの土地を支配した大己貴命に差し出されてしまったということです。

岩木山神社のご祭神は顕國魂神・多都比姫神。多都と田光は(たっぴ)と読むんです。多都比姫神=田光沼で龍と暮らしていた姫=ワークで解放されたマリアであるなら、黒龍さんと再会を果たすことが出来たのかもしれません(^^

そうだったらいいな。

 

そしてもうひとつ。さくらひめを封じていたアークトゥルス人を天に還したように、やよいひめを封じていたアークトゥルスの宇宙船にもう役目が終わったことを告げて還ってもらいました。。。

そして岩木山神社の白雲神も自由になったように感じます。

 

 

こうして鹿児島でさくらひめ、青森でやよいひめに会うことが出来ました。

 

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

Ailius

 

 

 

 

 

やよいひめを辿って 青森③

 青森から帰宅した深夜。突然の

 

【バーーーンっ】

 

という大きな破裂音と共に真っ暗な部屋が(青白い光)で埋め尽くされました。

正体は雷だったのですが、不思議とその一回の雷鳴のみ。

それは私にとって十和田湖神社に祀られる青龍様を思わせるものでした。

そういえば幼い時、雷がとっても怖くて動けなくなってしまうほどでした。それに雷が去ったあと不思議と聞こえた太鼓の音。夏祭りの練習してるの?と親に聞いても、何言ってるの?とあしらわれるだけで、それ以来聞こえてきても布団をかぶって必死に目をつぶり眠ってしまうのを待っていたことを思い出しました。

 

写真は十和田湖神社にて。立派なお稲荷様がいらっしゃるのですがご挨拶をしてすぐに裏の山からキツネさんが境内に現れてびっくり!!とっても可愛らしお顔をしたキツネさんでした。

写真を撮っていた時、神社の方たちの会話が聞こえてきました。アイヌ語?なのか全く内容は聞き取れない言葉でそれは鹿児島に行った時に聞いた鹿児島弁?に似ているように感じました。

優しい雨に抱かれた十和田湖は想像以上に大きく深く素晴らしい場所でした。

桜島を訪れた時のように頭がクラクラ、最後はエネルギー酔いをしてしまいました。カルデラ湖。地球の躍動を感じられるまさにパワースポットという言葉がぴったりな場所でした。

 

 

 旅行から帰宅後2日目からワークに取り掛かりました。

まずは善知鳥(うとう)神社。善知鳥については、個性が強く親子の情愛が深いといわれるウトウという海鳥についての伝承も見られたり、能の演目にあったり各地の地名にもなっています。神社は整備され地元からも愛されていることが伝わってきます。

広いとは言えない境内に沢山のお宮や碑がありました。しかし、うとう沼を見ていると市内一帯を覆ったであろう周囲20キロをかつて誇った沼であったことが伝わってきました。その広大な土地の昔の人々に大切にされ祀られていたものが集められた印象が残ります。ご祭神は宗像参女神です。

 

 

 【うとう。語りかけてきたのは龍神さま。神社裏に湧き出ている龍神水の何とも言えない味を思い出す。そしてその隣にある弁財天宮がみえる。この場に関するワークだ。

そう、この神社は三ツ石というキーワードから行こうと決めた場所。真鶴半島の三ツ石でみたタギツヒメ様を想う。

灰色の羽がみえる。ウトウという鳥に見立てられたのか?少しずつピンク色の女神の色が現れる。

タギツヒメ様ですか?子宮に力がみなぎる。やっとで見つけた。

頭にティアラ王冠のような装置が付けられている。これは熱海の来宮神社で見つけた方に付けられていたのと同じ仕組みだ。それが外れるようワークを続ける。

しばらくすると、(いいの?)女神の声が聞こえる。

(もう大丈夫です。)そう伝えたとたんティアラが外れる。

さらに光が強くなり眩しくなった。真っすぐに天からキラキラしたブルーの色をしたエネルギーが入る。タギリ・・と聞こえた。

タギツとタギリ。ツインソウルだ。ピンクとブルーが混ざると白雲となり溶け合った。】

 

私のここで感じた、たぎるは滾るであり、沸き立つ様を現す言葉であるということです。そして二人は雲の神様≒水の神様だと感じました。

そう、それは前回ブログに書いた岩木山をみて感じた白雲大龍神さまに共通するのです。

 

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

青森編、また書きます。

 

 

Ailius

 

 

 

 

やよいひめを辿って 青森②

 6月中頃青森へ出発しました。

1年前真鶴半島の(三ツ石)を訪れたことがきっかけで繋がった(やよいひめ)というエネルギーをもっと知りたかったのです。やよいひめと名付けたエネルギーを纏っていたのが(タギリ姫)。岩木山神社のご祭神の多都比姫神と同等とされる説があり、更にイワナガ姫を辿っていた時に見た本の中で出てきた九頭オロチが身を隠していた場所とされる善知鳥神社周辺が三ツ石というキーワードと繋がったので青森の地に決めました。

離陸後飛行機から富士山が見えました。雲を突き破っても壮大な姿を見せるその存在に、やはり富士山はただ者ではない、、ということを改めて感じました。またその日は飛行機のやや下に見えるロールパンみたいな可愛らしい雲が光輝いて見えます。まるで一緒に青森に向けて飛んでいるよう。うん、とても気になる。ここで(雲)というメッセージを受け取りました。そして朝にもう一つ、(丸に十字架)というマークもメッセージとして受け取っていました。

 

 1日目快晴。岩木山周辺から白神山地、写真にある青池に向かいました。道中地震で隆起した千畳敷海岸や弁天島にも立ち寄りました。海の向こうには北海道も望むことが出来ました。

2日目。雨が優しくふる十和田湖を散策しその後青森市内を目指しました。途中の奥入瀬渓流や八甲田山の景色はそれはとても美しかったです。善知鳥神社を中心にいくつか参拝させて頂き旅の最後に三内丸山遺跡に行きました。ここではもっとゆっくりするはずが30分くらいしかいられなくて… だけどこの遺跡に居る時だけなぜか強風が吹き、この風は古代へと時が繋がっていたと確信しています。

 

 ひとつびっくりしたことは岩木山の近くに(やよい)という地名があったこと!!でした。

さくらひめが桜島と関係していたように、やよいひめは岩木山と関係していたのだと確信しました。

そして2日目の朝ちょうど岩木山が見える部屋でしたので窓を開け吹かれてくる心地よい風を感じながら少しだけ瞑想しました。そして見えたのは(紫やピンクがキラキラと光るもくもくとしたエネルギー)。。。これ、知ってる、あ、そうだ!!伊勢原大山をご神体とする比々多神社で繋がった豊雲野神さまだ!!

やはり(雲)というメッセージを受け取っていたのも偶然ではなかったのです。岩木山は雲の神様が住む場所なのです。そういえば確かに岩木山神社には白雲大龍神さまが祀られているのです。ああ、感動。

そして(雲)というのは成分的にはやはり(水)ですよね。青森は水が豊かな土地だということは行ってみて良く分かりました。

さくらひめは火の要素であることが鹿児島の旅で実感でき、やよいひめは水の要素であったことが確認できました。

 

さらに1年前の真鶴三ツ石で私が感じたタギリヒメさまは火の神様と抱き合った姿でした。あのお二人は(ツインソウル)だと確かに感じたのも納得です。水と火の和合が成されたのだから。

 

今まで何となくこうだった…という風に行動して書いてきたけど、私がしていることは、火の要素の救出と火と水の和合であることを自覚し始めました。

 

 

 

 

 

青森から帰って約1か月が過ぎました。ちょっと今までとは違った色々なことが次々に起こりました。

また少しずつ書いていきます。

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

つづく。

 

 

Ailius